ボローニャ/モデナ現地発着ツアー、専用車や日本人アシスタントサービスにて個人旅行のお手伝いをしています

旅のイタリア語

  • HOME »
  • 旅のイタリア語

イタリア旅行に役立つイタリア語のフレーズを、ちょっとした解説と一緒にまとめました。
順次更新していますので、たまに覗いてくださいね。

※私が普段使っていたりよく聞く言い方や言い回しをご紹介しています。
モデナやボローニャ辺りだけで使う表現かもしれませんので、他の地方で使わないまたは言い方が違うかもしれません。
あらかじめご了承くださいませ。

 

あいさつ


Ciao!
 (チャオ!)

やぁ!こんにちは。バイバイ

イタリアだけでなく世界的に挨拶として使われている言葉なので、馴染みのある言葉ですよね。
イタリア旅行に来るなら、これだけは覚えておきましょう。
人と会った時だけでなく、別れる時にも使える万能な一言です。会った時には「Ciao!」と一度だけ言いますが、分かれる時には「Ciao!」の他に「Ciao Ciao!(チャオチャオ!)」と2回続けて言う人も多いです。

 

 

Buongiorno. (ブォンジョルノ) ←「ボンジョルノ」と聞こえると思います

おはよう。こんにちは。

朝から午後まではBuongiornoを使うことが多いです。
Ciaoよりも丁寧な挨拶なので、友人や自分より年下の子に対しては「Ciao」、自分より年上や年配の方、友人ではない人には「Buongiorno」を使います。イタリアではお店に入るときには挨拶が基本。朝から午後2~3時頃までは「Buongiorno」を使う人が多いです。
(何時から夕方の挨拶「Buonasera」を使うとは決まっていないので、人によってまちまちです。
午後3時頃から「Buonasera」を使う人もいれば、午後5時頃でも「Buongiorno」を使う人もいます)

 

 

Buonasera. (ブォナセーラ) ←「ボナセーラ」と聞こえると思います

こんばんは。

夕方頃から使う挨拶です。
「Buonasra」に変わる時間帯は人それぞれ。

 

 

Buonanotte. (ブォナノッテ) ←「ボナノッテ」と聞こえると思います

おやすみなさい。

家族間では簡単に「Notte.(ノッテ)」と言ったりもします。

 

 

Arrivederci. (アリヴェデルチ) 

さようなら。

知らない人、あまり親しくない人、年上の人に丁寧に言いたい時に使います。
友人や年下の子には「Ciao」でOK。

 

 

Ci vediamo. (チ ヴェディアーモ) 

またね。また会おうね。

別れる時に使います。

 

 

Ci sentiamo. (チ センティアーモ) 

また電話するね。また連絡するね。

別れる時に、「また電話で連絡を取ろうね」というニュアンスで使います。
電話を切るときにも「また電話するね」という感じで、
「Ci sentiamo. Ciao!」
と言って切ることが多いです。

 

 

A dopo. (ア ドーポ) 

後でね。また後で。

別れた後、また同じ日に会う予定がある時に。
近いうちに会う予定がある場合は、「A presto.(ア プレスト)」を使います。

 

 

A presto. (ア プレスト) 

近いうちに。

近いうちに会う予定がある時に使います。

 

 

A domani. (ア ドマーニ) 

また明日。

学校の友人や会社の同僚など毎日会う人や、明日会う予定がある時に。

 

 

 

返事、お礼

Si. (スィ) 

はい。

英語の「Yes.」です。
イタリアでよく聞くのは、「Si si si」と何度も繰り返すこと。
「Si.」と一度だけ言うこともありますが、「Si si.」「Si si si.」と何度も繰り返す人も多いです。

 

 

No. (ノ) 

いいえ。

英語の「No.」と同じですが、英語が「ノー」と長く伸ばすのに対してイタリア語は「ノ」と短く発音します。
これも「No no.」「No no no.」と何度か繰り返して言う人が多いです。

 

 

Grazie. (グラツィエ) 

ありがとう。

お礼を言うときに使います。
下↓の「Ti ringrazio」を使う場合もありますが、まずはこちらを覚えましょう。
旅行中何度も使うと思うので、旅行に来る時には「Ciao」と「Grazie」は覚えてくださいね。
(私はイタリアに住みはじめた時、この2つの言葉しか知りませんでした^ ^;)

 

 

Ti ringrazio. (ティ リングラツォオ) 

ありがとう。

Grazie」と同じですが、こちらもよく聞きます。

 

 

La ringrazio. (ラ リングラツィオ) 

ありがとうございます。

Ti ringrazio」の丁寧な言い方です。
敬語を使う場面ではこちらを使います。

 

 

 

Prego. (プレーゴ) 

どうぞ/どういたしまして

2つの場面で使える便利な一言です。
何かを薦めるとき、道を譲るときなどに「Prego(どうぞ取ってください/お先にどうぞ)」と使ったり、
「Grazie」と言われて「どういたしまして」と言いたい時に使ったりします。「どうぞ(取ってください)」「ありがとう」「どういたしまして」
という会話になる時は、
Prego.」「Grazie.」「Prego.
になります。

 

 

あいさつ1
あいさつ2
あいさつ3
あいさつ4

 

 

自己紹介

自己紹介1

 

レストランでの会話

レストランを探す
レストランを予約する
レストランでの会話1
レストランでの会話2

 

ホテルでの会話

 

観光地での会話

 

駅、交通機関での会話

 

ショッピング時の会話

 

トラブル時の会話



ボローニャ情報









モデナ、パルマ情報
















      ↓↓↓
PAGETOP
Copyright © Sol Levante Tour All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.